<   2010年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

阪急6000系製作日誌3

阪急7000系の更新車って、えらいことになっていますね。
前面の形が原型をとどめていない。。




今日は、全車にアイボリーを吹き付けました。
若干、中間者が厚塗りになったかも知れません。


次は、いよいよマスキングです。

私は以前、マスキングテープをセロテープで代用したら
「えらいこと」になったので、今回はマスキングテープを使います。


しかし、梅雨時で塗装はいつになることやら…。
[PR]

by spk81-d652 | 2010-06-28 23:42  

阪急6000系製作日誌2

福知山線で321系7連木津行きを見ました。

片町線同志社前以遠の7連対応化工事はもう終了したのでしょうか。






6000系に転落防止用ホロを取り付けようとしたのですが、断念しました。

構想は何年もあるのですが、実践しようとするとなかなかうまくいきません。

近鉄や南海のように入れ違いになってると何とかなりそうですが、

阪急のは他に類を見ない位密着しています。




もっとも、まともに完成品でこれをモデル化しているのは新幹線くらいなもので、

技術的に不可能だから各メーカーとも付けていないと考えれば、

諦めるしかないのかもしれませんね。
[PR]

by spk81-d652 | 2010-06-27 21:49  

阪急6000系製作日誌1

お久しぶりです。

最近、GMの阪急6000系キットを製作しています。

編成は、神戸線所属の

(梅田) 6026-6676-6126 (三宮)

の三連です。



詳しい方はお気づきでしょうが、この編成は通常

(梅田) 6025-6686-6125 (三宮)

の編成と併結されて6連で今津北線の運用に入っています。

余力があればこちらも製作しようかなと。



現在、6026と6126にアイボリーを塗装したところまで終わっています。



こういうコアな編成を製作するのも乙なものですね。
[PR]

by spk81-d652 | 2010-06-27 00:10  

遅延・運休

またJRが遅れた。

「また」と書いたが、他の鉄道会社線だって遅れを出す日があるはずである。

では、どうしてJRの遅れはこうもとりだたされるのか。



思うに、遅れたときの対応がまずいのではないだろうか。
(もっとも、事業者目線で考えれば仕方のないことはいくらでもあるのだろうが)


乗り換えの無い駅で延々と止められたり、駅間で列車に缶詰にされれば
気分は良くない。


もちろん、安全は第一であるが。




しかし、鉄道会社にとって最も憂慮すべきものがあるとすれば、
それは、根拠のない責め苦であろう。
[PR]

by spk81-d652 | 2010-06-08 23:46