2009年 12月 31日 ( 1 )

 

一年の終わりに

気がつけば一ヶ月以上放置してしまいましたねorz

多忙の管理人から引き継いだわけですが、私自身あまり更新できませんでした。


さて、今年も鉄道は色々な変化を遂げました。
阪神なんば線の開業。
ここ数年続く寝台列車削減の発表。

明るい話題も暗い話題も、全て鉄道が時代の変化に合わせようとする
努力の結果のように思えます。

以前にも書きましたが、鉄道は人々に活力を与えるものであってほしいと思います。

仕事で疲れたおじさま方。
修学旅行先へ向かう学生。
両親に連れられ、帰省する子どもたち。

フランスの人類学者、マルク=オジェの議論を用いれば、
そのような人々にとって鉄道は「非ー場所」ではない場所であると思います。



何はともあれ、今年もお世話になりました。
来年も読者の皆様にとって良い年である事を願っております。
[PR]

by spk81-d652 | 2009-12-31 12:50